入試会場の後ろの席の彼氏と再会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が今の彼氏と出会ったのは彼氏いわく去年の秋だそうで私は全く記憶にないのですが、彼氏いわく大学の入試のときに私は彼氏の前に座っていたそうです。

そのとき私は不安と緊張でいっぱいいっぱいだったので後ろに彼氏がいたことを覚えていません。もちろんその場で会話を交わすこともなかったので彼氏の存在を意識することもなく帰りました。

それからちょうど半年が過ぎ、私たちは大学に入学しました。大学に入学して数日経ったある日、大学内で新入生研修という名のグループ学習がありました。

そのグループ学習で協力する仲間というのは自分たちで見つけなければならず、私は声高らかに「グループになってくれる人いませんか~?」と仲間を募集しているところでした。

そんなとき彼氏ともう1人の男の子が私に声をかけてきたのです。彼氏ともう1人の男の子はすでに仲間になっていたそうで、私は3人目のメンバーでした。そして仲間を増やし、グループ学習に必要な6人を集めきったとき彼氏は私に話しかけました。

「もしかして入試で俺の前に座ってた?」と聞かれ、そのとき初めて彼氏の存在に気づきました。私は「あぁ~、そうかもしれない」となんとも曖昧な返事を返したのですが、彼氏はその曖昧な答えを「Yes」という返事に捉えたのでしょう。そこからとても親密になったのです。

ちなみにこれは後日談になるのですが彼氏はすでに入試の段階で私の存在に気づいていて私のことを「可愛いなぁ」と思っていたそうです。ただ「高嶺の花」だと思っていたようで再会して、まして付き合っている今が「奇跡」だと話しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。