ロシア人のイケメン男性と結婚のハプニング

今や旦那さんとなった彼との出会いは本当に偶然としか言えませんでした。

2011年にヨーロッパのある国へ留学していた頃の話です。

8月末に到着し、9月から大学の授業は始まりました。

英語すらまともに話せない・聞き取れないという状態でオリエンテーションや授業はどんどん進んでゆき、毎日疲れ果てていました。

ある休みの日、気分転換に散歩に出かけました。

そして歩いている途中、別の日本人留学生の男の子から電話があり、夜ロシア人と飲むんだけど来ないか?と聞かれました。

英語もまともに話せず友人も全然出来ないような時期で、何も予定もなかったので行くことにしました。

そしてそこで出会ったのが、彼でした。私を含め日本人留学生が3人と、ロシア人が2人。

待ち合わせ場所にやってきた時に、始めは美男美女のカップルが来たんだと思いました。

なんだ、カップルと飲むのかーなんて思っていたところ、どうやら二人は兄妹で、しかも両方私よりも年下でした(ずっと年上だと思っていましたが)。

そして飲み屋さんがある場所まで向かう途中、その彼と少し話をしたのですが、まず名前が聞き取れませんでした。

何度か聞きなおすもののよく聞こえず、今後会う機会もそんなにないだろうと思い、なあなあにしてしまいました。

飲んでいた最中は、相手の英語を聞き取ることに必死で、何をしゃべったのかは全く覚えていませんが、帰り際にスカイプのIDを教えてもらいました。

翌日、一応お礼だけのつもりで、スカイプで話しかけたところ、今日暇?と聞かれました。

やはり予定は全くなかったので、暇だと答えると、うちに来ない?とのこと。

名前すら聞き取れなかった人の家に行って、私は一体どうすればいいのかと思いながらも、こんなことも滅多にないことだと思い、行くことにしました。

その時は、彼とその妹、お母さんにも会い、散歩に行ったりと、どうにか過ごしました。

そしてそれから、なぜか毎日彼からスカイプで話しかけられ、会おう会おうと言われ、気が付けば2週間も毎日彼が私の住む寮まで来ては散歩する…という日々が続きました。

その流れで付き合うことになり、留学でその国に来てから2か月もしないうちに彼の実家に引っ越すことにまでなりました。

日本へ帰国後、2年の遠距離恋愛の末、結婚しました。

彼は普段あまり飲みに出かけないタイプなのに、その日はたまたま行ってもいいかなという気分になったようで、
そしてたまたま私が誘われ、出会い、まさかの結婚にまで至りました。

今でもこの出会いの偶然さには自分達ですら驚いているところです。

入試会場の後ろの席の彼氏と再会

私が今の彼氏と出会ったのは彼氏いわく去年の秋だそうで私は全く記憶にないのですが、彼氏いわく大学の入試のときに私は彼氏の前に座っていたそうです。

そのとき私は不安と緊張でいっぱいいっぱいだったので後ろに彼氏がいたことを覚えていません。もちろんその場で会話を交わすこともなかったので彼氏の存在を意識することもなく帰りました。

それからちょうど半年が過ぎ、私たちは大学に入学しました。大学に入学して数日経ったある日、大学内で新入生研修という名のグループ学習がありました。

そのグループ学習で協力する仲間というのは自分たちで見つけなければならず、私は声高らかに「グループになってくれる人いませんか~?」と仲間を募集しているところでした。

そんなとき彼氏ともう1人の男の子が私に声をかけてきたのです。彼氏ともう1人の男の子はすでに仲間になっていたそうで、私は3人目のメンバーでした。そして仲間を増やし、グループ学習に必要な6人を集めきったとき彼氏は私に話しかけました。

「もしかして入試で俺の前に座ってた?」と聞かれ、そのとき初めて彼氏の存在に気づきました。私は「あぁ~、そうかもしれない」となんとも曖昧な返事を返したのですが、彼氏はその曖昧な答えを「Yes」という返事に捉えたのでしょう。そこからとても親密になったのです。

ちなみにこれは後日談になるのですが彼氏はすでに入試の段階で私の存在に気づいていて私のことを「可愛いなぁ」と思っていたそうです。ただ「高嶺の花」だと思っていたようで再会して、まして付き合っている今が「奇跡」だと話しています。

組長の息子との恋

人生初めての彼氏との出会い。
中学・高校とただひたすらスポーツ少女で彼氏ができてことがない私。そんな私も短期大学に入学して女子ばっかりのなかで18歳にして女子に目覚めました。

女子に目覚めるとやっぱり彼氏が欲しいって思い友達に紹介のお願いをする毎日。そんな時に仲の良い友達が社会人とのコンパを企画してくれて人生初めてのコンパ。テレビで見るような華やかさにはかけましたがめちゃくちゃ盛り上がりました。

今までとは違いかなり女の子扱いしてくれる相手の人たち。私が一番気になった人はこの話をもってきた友達が気になる人なのでダメと言われてかなりテンションは下がっていました。

そんな時に1歳年下の彼は何かと私を気にかけてくれて年下なのに社会人だからか今までの男の人は違って少し大人な部分もあって、その時は連絡先を聞いてさよならしました。

それから数日後この前の送ってもらったお礼もあるからと覚悟を決めて連絡することにしました。緊張で言葉がちゃんと出ない私にいろいろ楽しい話をしてくれる彼。とんとん拍子にその彼とデートすることになって初デートで交際を申し込まれて交際スタートしました。

実家近くにマンションを借りて一人暮らしをする彼の部屋に週末は毎週転がり込んで夢のような甘い日々。そんな彼が急に私にあらたまって話があるといわれて話を聞くと自分の父親はやくざで組を構えているとの衝撃告白。彼自身はちゃんとサラリーマンをしていましたが父親は…その話を聞いてもしばらくはラブラブの日々を送っていました。

でも、私の親に彼を紹介すると交際は大反対。何もかも捨ててなんてできない私は結局彼との別れを決めるしかありませんでした。それでも、人生初めての彼氏と嫌いになって別れるわけではない私は別れを決めるまでにかなりの時間がかかってしまいました。

彼には嫌いになったと話ましたが他の人と結婚した今でも好きな気持ちはまだ残っています。今、どうしているのかたまに彼に会いたくなります。

バスケットボールのクラブでの出会い

友人が社会人バスケットの練習に連れて行ってくれました。
私は学生時代バスケットの経験者だったので、楽しみに行ったのですが、男性が7割でちょっと女性が頑張れるような感じではなかったのですが、その友人は女性でしたがアグレッシブルにその中で一緒にバスケットしていました。

私は躊躇していて今後参加を迷っていたのですが、皆さんとても優しい方ばかりだったので参加することにしました。

10歳上から10歳下まで幅広い男性陣がいる中、当時私は彼氏が別にいましたので興味がなくて、名前すら覚えていませんでした。1度目の飲み会で仲良くなった同世代の男性陣とみんな彼女がいたので何となく安心して意気投合していたのですが、よく遊びに行くようになりました。

普通に友達のノリだし体育会系の部活のノリで、インテリで細かい彼とは違い笑いのセンスもみんなと合って楽しく過ごしていました。でも一緒に遊んでいる仲間が男友達だと分かった時に彼が大激怒して休日彼と休みが合わない日は外出も許可してくれなくなりました。

何となくそれが窮屈になり年上の頼れる彼がものすごく小さい人間に感じるようになりました。そこから急激に気持ちが冷めて別れたのですが、別れてしばらくしてからチームの一人の方が「もしよかったら二人でご飯言ってもらえませんか?」と誘ってきました。それまでは仲間内でばか話ばかりしてワイワイだったのに、丁寧なお誘いの仕方に驚きつつも「はい」と言って二人で行動を始めたころから少しずつお付き合いの方向に進んで行きました。

最初会った時から好きだったけれどずっとタイミングを大事にしていたと言ってくれ、私の行動も尊重してくれる彼と付き合って結婚して7年幸せに暮らしています。

全てを見せてね

彼女との出会いはなんてことはありません。田舎の同じ高校の同級生でした。そして、友達の彼女でもありました。ただただ、可愛いなあ、とは思っていましたが、それほどのめり込む、といったわけではなく、学年に何人もいる可愛い女の子のうちの一人、という印象です。

二年生になって、同じクラスになりました。印象もそんなに変わりませんでしたが、少し話してみた感じで相性は悪くないと思いました。ただ、彼女は僕の友達の彼女であって、僕は僕で当時、交際していた女の子がいました。友達と僕の彼女を裏切るわけにもいかないので、
そのまま二年間をただのクラスメイトとして過ごしました。だけど互いに意識はしていたと思います。

卒業文集で彼女は、気になった人の欄に僕の名前を挙げていて、僕は僕で、彼女の名前を挙げていました。そして僕の卒業アルバムの最後のページに彼女は「いつか○○くんの全てを見せてね」と寄せ書きをくれました。

それから更に二年後、上京して大学生になった僕に見知らぬ名前からmixiでメッセージが寄せられていました。それは彼女でした。どうもずっと僕の日記を覗き見していたらしく、
「ファンです!」と別に有名人でもない僕に打ち明けてきました。

それからしばらくして、僕は失恋し、彼女も同じ様なタイミングで当時付き合っていた人と別れたようでした。僕は腹を決めました。会おう!と彼女と連絡をとって、東京から6時間かけて地元に戻り、ドライブしました。もちろん二人で遊ぶのはこれが初めてでした。

だけど、ぎこちなさはまるっきりなく、これまでずっと付き合ってきたかのような心地よさでした。思えば高校時代からずっとお互いを意識してきたのです。当然といえば当然かもしれません。それからしばらくして、僕たちは結ばれました。彼女が僕の卒業アルバムに書いてくれたことは、現実になりました。

女の子に縁のなかった私にとって、それは奇跡

元彼女とのお話しです。
私は、高校時代まで、女の子とは全く縁がありませんでした。
部活は剣道部で、丸刈り頭。背は低くて、
とても女の子に相手にされるような人間ではありませんでした。

地元の大学に進学して、あるサークルに入りました。
山登りを主にやっているサークルだったのですが、
男ばかりの大学で、したがって、部員も全員男でした。
そして、ほとんどの部員が女の子に縁のない生活を送っていました。

近所に女子短期大学があって、そこにも同じサークルがありました。
そして、新入生の顔見せをいう名目で、
私達の部室にその短大の部員さん達が、
4月か5月にやってくるのが慣例となっていました。

私が、大学2年生のときです。
短大の新入部員は4人いて、3人はとてもかわいい人でした。
その中でひとり、あまり目立たない女の子がいました。
決して美人ではないけれど、清楚な感じの人でした。
他の大学との顔見せや合コンでも、あまり目立たなくて、
1年生の男子達は他の子に盛んにアプローチしていたようでした。

私が大学3年生になって、サークルの部長をつとめるようになったときのことです。
彼女は、2年生で、渉外担当となっていました。
そして、夏休み。メインの行事であるアルプス登山がありました。
その出発日に見送りに来たいからと、
私に彼女から電話で問い合わせの連絡がありました。
そして、日程を伝えてそれで電話は終わりのはずでしたが、
私が、そちらの準備状況はどうかとの質問をしました。
それがきっかけになって、長電話になってしまいました。
3時間くらい話したと思います。
そして、彼女が私のことを好きであることを告げられました。

それまで、女の子に縁のなかった私にとって、それは奇跡に近いものでした。私の恋人になる人は世界でもいないと思っていたのに。
そして二人は、みんなに内緒で付き合うことになりました。
学生時代の思い出です。

相席のカフェで出会った今のフィアンセ

彼と出会ったのは美術館のカフェの中です。
お昼どきの店内はかなり混みはじめていて、
一人だった私は相席を求められました。

どうしても一人がいいなんて事はなかったですし、
ここのカフェのホットケーキがどうしても食べたかったので、
快く了承し、先にお客さんがいる席に案内されました。

オーダーを済ませると、
さっき見てきた展示のパンフレットを広げて、
もう一度脳内で作品を反芻していました。

その時の展示はエッシャーで、
特に「結婚」と題された絵がとても気に入りました。
パンフレットにも紹介されているその絵をじっと見ていると、
向かいでコーヒーを飲んでいた男性が私に話しかけて来ました。
「エッシャー、好きなんですか?」

私はかなりびっくりして、
そのびっくりした感情丸出しの表情で相手を見つめてしまいました。
返事もできなくて言葉に詰まっていると、
その人は「急に話しかけてごめんなさい」と言ってから、
気まずそうにコーヒーを飲みました。

その反らした横顔が本当にすまなそうで、
とても優しい人に見えました。
その顔に何だか安心してしまって、
私はびっくり顔を引っ込めて話をすることにしました。

彼も美術館のカフェにいる以上、
同じエッシャーの展示を見てきたので、
お互いに気になった作品の話をしました。
私の好きな「結婚」は、
彼にとっては少し怖くて苦手な作品であることもわかりました。

私がホットケーキを食べ始め、
彼が二杯目のコーヒーを注文する頃には、
私と彼は同じ大学で、
彼は違う学部の先輩であることがわかりました。
絵の好みは合わなかったのですが、
話がすごく合う人で、
初対面なのにランチタイムが終わるまで話し込んでしまいました。

二人で席を立つ前に連絡先を交換したのですが、
その時彼は本当に嬉しそうでした。

その相席になった人が今の私の彼氏です。
来年結婚することになりました。
相変わらず絵の趣味は合いませんが、とても仲良しです。
今でもエッシャーの「結婚」を見るたび、
申し訳なさそうにコーヒーを飲む、
今より少し若い彼の横顔を思い出します。

顔まで似てきた彼女との生活

出会った場所は大学の体育の授業、
初めて交わした言葉は「左の靴紐ほどけてるよ」
彼女の服装は青いユニクロのTシャツに
黒いアディダスのハーフパンツでした。

最初の出会いからはもう10年、
別れてからは3年経ちますし、
私はどちらかというと記憶力にあまり自信がない方の人間なのですが、
なぜかそのことは今でもよく覚えています。

私のことをよく知る地元の友人連中に彼女の写真を見せると
「これまでの女と全然タイプが違うじゃないか」
と決まってイジられたものですが、
自分としてはそこになんの意図もオチもなく、
ただただ自然に(お付き合いを申し出るときには
往々にして多少強引だったかなと思うこともありましたが)
全ては成り行きに従っていった結果だったので返答に困り、
よく「うん」でも「いいや」でもなく
「ああねぇ」といったようななまぬるい返事をしていたものです。

5年ほどお付き合いさせていただいた
その彼女との思い出の中には、
おもしろおかしく他人に伝えられる
ショートストーリー的エピソードのようなものは
これといってないのですが、
全体を通して「だんだん顔が似てくる」という
これまでにはないハプニングがあり、
お互い凡庸なルックスだった私たちにとって、
それは嬉しいような嘆かわしいような時間でした。

私は大学進学とともに上京し、
それからはずっと一人暮らしをしています。
まったく赤の他人同志の顔が少しずつ似ていく
科学的根拠はよくわかりませんが、
それまでのお付き合いから比べても
一つの部屋で同じ食事をし同じ過ごしかたを共有する割合が
格段に増えたことは間違いないので、
もしかすると一緒に居すぎたのかもしれないね、
などど、最近でも年に1回は会う中で冗談のようにそう繰り返しています。

媚びないたけちゃんが好きになりました

たけちゃんとの出会いについて、
たけちゃんとの出会いは職場です。
職場で特に人気があったわけでも、
かっこよかったわけでもないたけちゃんを
好きになったのは私の方です。

どこに惹かれたかといいますと、
たけちゃんはどちらかといえば女の子に人気がない人でした。
職場では仕事には真剣で、女の子に媚びないところ、
例えば、新人の女の子がくると
男性はついつい仲良くしたいという気持ちが働くのか、
きつくいえないというか、
仲良くしてしまうというか、
そんな時、たけちゃんは愛想を振りまくことはもちろんしません。

お話に夢中な新人の女の子に
「しゃべってる時間があるなら働け!!」と言ってしまう人でした。
悪い人ではないのですが、言葉も選ばないので、
嫌われてしまいますよね。

私はそんなたけちゃんのどこが好きになったかというと、
私自身が八方美人で、言いたいこと、
言わなきゃいけないことも言えずに、
その場の雰囲気を壊したくないこともあり
なかなかはっきりとものが言えないタイプの人間、
嫌われるのが怖い人間、
そんな私にとって、嫌われるだろうに、
言わなくてもいいけど本当は言わなきゃいけないことを
堂々といえる、そんなたけちゃんを尊敬できました。

ある日の出来事。
誰かからのうわさで、男性の間で好みの女性の話をした時に
たけちゃんは 私のことが一番いいと言ったそうです。
もちろん、いいといっても好きだとかそんな話ではなく、
よくある、女子の中で誰が一番いい?って話題だとは思いますが、
でも自分の名前があがることはうれしいことです。
その話をきき、いてもたってもいられなくなり
自分から告白!そしてつきあうことになったのでした!

お金が割いた私たちの関係

ある元彼との出会いです。
その彼とは14年ほど前の事、ネットで知り合いました。
その頃はまだネットでの出会いも少ない頃でしたし、携帯電話にネットの機能が付き始めた頃だったかのように思います。
今でいう「出会い系サイト」の部類に入ると思いますが、その頃はそれが大して悪い事とも思っていませんでした。

暫くして、その彼とメールをし合うようになりました。
住んでいる地域は私と同じ県。色々話していくうちに学年こそ違うけど(年下でした)、共通の知り合いが何人かいると言う事も分かりました。
彼は、県内では有名な進学校(高校)に行っていたし、大学も有名大学を卒業していました。

メールしてても内容の分かり易いメールを送ってくる人だったし、会おうという話が出た時も何の疑いもせずに安心して会う事が出来ました。
実際に、彼の地元で会う約束をして会ったとき、若い割にはちょっと髪が淋しいなという印象以外はとてもいい感じの人でした。

それから程なくして付き合うようになり、頻繁にデートを重ねました。
しかし、ある日、彼はあまりお金を持ってない人だと言う事が分かりました。
携帯代が払えなかったり、食事代を私が出すようになったり・・・
ある時は仕事中に集金したお金を置き引きにやられてしまったとかいうことで、私にお金を貸してほしいと言ってきたこともありました。

この彼より以前に付き合った彼で、お金が無くて散々な思いをした経験が何度かあった私だったので、今回はもうお金のないことに嫌気がさし別れを告げました。

もう、この彼と別れてから何年も経ちましたが、風の便りに遠方の地で結婚したと聞きました。お金以外では性格も頭もよい彼でしたので、きっと幸せになってくれるんではないかと期待しています。